ニュース
2020.4.8

PRAY GROUND 現時点プロジェクト 4月11日(土)-12日(日)

倉吉市・打吹公園内の鎮霊神社境内にて、プロジェクションマッピングにより2日間だけの祈りの空間を作る「PRAY GROUND」が行われます。鳥取県中部を中心に活動する現時点プロジェクトが企画しています。

  • #プロジェクションマッピング
  • #倉吉市
  • #打吹公園
+◯++◯な人
2020.4.4

森 達也(映画監督)#1 一人一人は優しいんだけれど、集団になった時に大きな間違いを犯して……

よなご映像フェスティバルのゲスト審査員として来鳥した映画監督の森達也さん。昨年11月には3年ぶりとなるドキュメンタリー映画『i -新聞記者ドキュメント-』を公開しました。実はお父様は県西部の江府町のご出身。今回久しぶりに訪れた鳥取の地で、新作や自身の表現について伺いました。

  • #よなご映像フェスティバル
  • #メディア
  • #境港市
レビュー&レポート
2020.3.28

「鳥取県立美術館ができるまで」を伝えるフリーペーパーづくり 写真撮影編/ライティング編

2024年度に開館が迫る鳥取県立美術館。開館までの動きを伝えつつ、機運を高めるためのフリーペーパーづくりが県立博物館主催で継続実施されています。記事作成のための講座として開かれた写真撮影編と、ライティング編の様子を合わせてお伝えします。

  • #フリーペーパー
  • #写真
  • #多田智美
日常記憶地図
2020.2.27

こどものわたしがいたところ 「日常記憶地図」で見る場所の記憶 #1 マサヒコ/鳥取市河原町……

言語化やコミュニケーションをテーマに表現活動をされてきたサトウアヤコさんのメソッド「日常記憶地図」の手法を用い、鳥取にゆかりのある方々がそれぞれにかつて暮らした場所の記憶を文字と写真で綴ります。

  • #アーカイブ
  • #サトウアヤコ
  • #写真
ニュース
2020.2.22

トークイベント「柿原の息吹 ~柿原、自然の歴史~」2月23日(日)開催

トークイベント「柿原の息吹 ~柿原、自然の歴史~」2月23日(日)開催 鳥取県八頭町の柿原集落は、20年ほど前から人が住んでいない、いわゆる「廃村」。しかし、今なお暮らしの痕跡が残り、不思議な魅力がある場所です。 大阪在住のアメリカ人写真家Paul …

  • #Paul Venet
  • #アーティスト・イン・レジデンス
  • #トーク
レビュー&レポート
2020.2.10

レポート:美術家・久保田沙耶さんの「コレデ堂」

倉吉市明倫地区にて行われているアーティスト・イン・レジデンス(1)「明倫AIR」。2017年から継続して関わる美術家・久保田紗耶さんが、滞在中にリサーチしインスピレーションを得て制作したガラス絵を、訪れる人の言い値で販売する「コレデ堂」が11月11日から12月2日までの日・月曜日に開かれました。滞在中は並行して新作の制作も行われ、2020年2月15日(土)-27日(木)には今年度のレジデンスを報告する展覧会が予定されています。

  • #コレデ堂
  • #サロン
  • #久保田沙耶
レビュー&レポート
2019.12.12

レポート:「私はおぼえている」2019 倉吉上映会

鳥取に暮らす方々へのインタビューを行い、その方の半生とそれに結びつく土地の記憶を映像で記録・公開していくプロジェクト「私はおぼえている」。先月倉吉で行われた上映会の様子を、主催する「現時点プロジェクト」メンバーの中山早織さんが伝えます。12月14日(土)、15日(日)には岡山と米子でも上映会が控えているとのこと。

  • #アーカイブ
  • #倉吉市
  • #岡山市
気配のかたち
2019.12.6

田口あゆみ/気配のかたち #4 想像と現実との距離を測る

失明し、米子に帰って7年。いまも光と影、全ての色やかたちに強く焦がれている、と語る田口あゆみさん。ここ数年はカメラを回して作品を作ることも。視覚喪失後の世界で撮り続けて変わること/思うことを書いていきます。

  • #中途失明
  • #内部映像
  • #映像