もちよりパーティー
2024.7.12

三田村光土里|Art & Breakfast トットのもちよりパーティー 7/21(日)

トットのライターや読者、その他いろんな人たちが緩やかにつながって、楽しくおしゃべりできる場「トットのもちよりパーティー」。7月は岩美と米子での2週続けての開催です。21日(日)には美術家・三田村光土里さんの作品でもあるArt & Breakfastに参加します。

  • #AIR475(エアヨナゴ)
  • #Art & Breakfast
  • #もちよりパーティー
もちよりパーティー
2024.7.7

トットのもちよりパーティー in 岩美現代美術展 7/13(土)開催

トットのライターや読者、その他いろんな人たちが緩やかにつながって、楽しくおしゃべりできる場「トットのもちよりパーティー」。次回は7月13日(土)、鳥取県岩美町で開催します。2024年の岩美現代美術展の招聘作家である現代アート作家・山本修司さんを囲んで、みんなでおしゃべりしましょう。

  • #もちよりパーティー
  • #山本修司
  • #岩美現代美術展
ニュース
2024.7.6

Exhibition AIR475 2024 鎌田友介/白川昌生 7/19-8/25

鳥取県西部のまち米子市を拠点に、国内外の第一線で活躍するアーティストやキュレーターによるサイト・スペシフィックな作品制作やプロジェクトを実施してきたAIR475(エアヨナゴ)。2023年度のリサーチと滞在制作を経て、2024年度はふたりの現代美術作家がそれぞれの個展を米子市美術館で展開します。

  • #AIR475(エアヨナゴ)
  • #三田村光土里
  • #五十嵐太郎
ニュース
2024.6.30

なんだこれ?!サークルとっとり2024 メンバーぼしゅう

2025年春に鳥取県立美術館が新設されることを機に、子どもと大人が一緒になってそれぞれの“アートの芽”を育てるプログラムとして2019年にスタートした「なんだこれ?!サークルとっとり」。米子市のちいさいおうちを活動拠点として、今年度は3つのシーズンごとにテーマを設けて活動します。

  • #ちいさいおうち
  • #なんだこれ?!サークル
  • #バスケタリー
ニュース
2024.6.24

それはとにかくまぶしい 上映&波田野州平監督トーク 7/15(月・祝)

鳥取県倉吉市に位置する鳥取短期大学では、地域の現状と課題を多面的に理解することを目的に教養科目「現代鳥取学」を実施し、毎回多彩なゲスト講師を招いています。7/15(月・祝)の授業では、倉吉市出身の映像作家・波田野州平さんをゲストに迎え、地域の方にも公開することとなりました。

  • #Radiance
  • #それはとにかくまぶしい
  • #トーク
ニュース
2024.6.24

「鳥取アートと暮らしのリサーチ」WEBサイト公開

当ウェブサイト「+〇++〇(トット)」の母体・鳥取藝住実行委員会では、地域社会がさまざまな課題に直面する中、「文化芸術活動を通じて、地域活性化に貢献を」と、各団体や地域住民と協力しながら、アートやカルチャーの視点から創造的な活動を行っています。その一環として、新規WEBサイト「鳥取アートと暮らしのリサーチ Research on Tottori art and life」を公開しました。

  • #ボート・チャン
  • #レポート
  • #小田井真美
レビュー&レポート
2024.6.23

鳥取夏至祭2023 レポート#1 自然発生的に生まれるセッション

2023年6月25日、チュウブ鳥取砂丘こどもの国を舞台に鳥取夏至祭2023が行われました。今年度夏至祭の開催は予定されていませんが、現在これまでの全体を振り返るドキュメントを有志で制作中です。その刊行を前に、7度目の開催となった昨年の夏至祭の様子を、パフォーマーとして参加したnashinokiが振り返ります。

  • #ダンス
  • #即興パフォーマンス
  • #即興音楽
+◯++◯な人
2024.6.22

岡野大嗣さん(歌人)メモリ1の小さな感情で歌が生まれるとき

2024年5月30日から6月30日まで、鳥取県若桜町のギャラリーカフェふくで企画展 「うれしい近況」言葉が歌になるとき が開催されています。作者 短歌の歌人 岡野大嗣さんにとっては、第4歌集となる本作。ギャラリーカフェふく店主のひやまちさとさんが尋ねました。

  • #うれしい近況
  • #ギャラリーカフェふく
  • #岡野大嗣
ニュース
2024.4.26

『日常記憶地図 皆生 1940s-2022』オンデマンド版発行に寄せて

鳥取県西部のまち米子市皆生に縁のある10代から80代までの記憶を地図でたどり、記録したプロジェクト「日常記憶地図 皆生編」。この活動から生まれた冊子PDFが公開されるとともに、オンデマンド版の発行に際して、著者のサトウアヤコさんが言葉を寄せてくださいました。

  • #オンデマンド発行
  • #地域
  • #日常記憶地図