現時点プロジェクト「私はおぼえている」最新2作品を期間限定で配信上映
4月29日(木・祝)ー5
月9日(日)

鳥取に暮らす人のオーラルヒストリーを記録する、現時点プロジェクトの映像シリーズ「私はおぼえている」の最新2作品が、期間限定でオンライン配信上映されます。


鳥取県中部を拠点に活動する記録集団「現時点プロジェクト」が、4月29日(木・祝)から5月9日(日)までの期間限定で映像のオンライン配信上映をおこないます。これは、現時点プロジェクトにとって初の試みとのこと。

今回配信されるのは、鳥取に暮らす人のオーラルヒストリー(口述の歴史)を記録する映像シリーズ「私はおぼえている」の最新2作品。これらは、昨年12月に倉吉で行われた上映会で一度だけ上映された作品です。


「仲倉壽子さんと商店の記憶」(23分)
倉吉市福吉町で商店を営む88歳の仲倉壽子さんには、生まれ育った田舎から、町中の仲倉商店に嫁いできた頃の話を聞かせていただいた。お惣菜の販売を始めた背景からは、高度経済成長期の町と働き方の変化が手に取るように感じられた。今も早朝から惣菜を作り、翌日の仕込みを終えて眠るまで動かし続けている手がとても印象に残った。


「竹部輝夫さんと中津の記憶」(37分)
東伯郡三朝町の山奥にある村、中津。92歳の竹部輝夫さんは、戦後の都市化とダム建設により村民がいなくなった集落に今もひとりで暮らしている。竹部さんには、かつての賑やかだった村の様子や15歳で極寒の満州鉄道で働いた話などを聞かせていただいた。最後に語られたこれからの中津についての想いは胸に迫るものがあり、忘れられない時間となった。

また、特典映像として、当webサイトで連載されている「映像みんぞく採集」シリーズの未発表作品『ウランマウンテン報告』も視聴できます。
(写真:河原朝子)


現時点プロジェクト「私はおぼえている」期間限定配信上映

日時
2021年4月29日(木・祝)0:00ー5月9日( 日)23:59

配信ページ|
https://vimeo.com/ondemand/wataobo01

料金
¥1,000(購入後、すべての動画が購入日から1週間何度でも視聴可能)

配信作品
『仲倉壽子さんと商店の記憶』
『竹部輝夫さんと中津の記憶』
映像みんぞく採集『ウランマウンテン報告』(未発表作品)

ライター
トット編集部

トット編集部

当ウェブマガジン編集部。鳥取の今をアートやカルチャーの視点から切り取ってお届けします。不定期に集まり、運営方針や記事内容の検討などをする編集会議を開いています。随時メンバー募集中!