【変更あり】PRAY GROUND
現時点プロジェクト

倉吉市・打吹公園内の鎮霊神社境内にて、プロジェクションマッピングにより2日間だけの祈りの空間を作る「PRAY GROUND」が行われます。鳥取県中部を中心に活動する現時点プロジェクトが企画しています。


【4月10日追記】
こちらの企画は、来場者を入れずに後日プロジェクションマッピングのライブ配信という内容に変更されました。詳しくは現時点プロジェクトのSNSをご覧ください。

 

昨年4月、倉吉市・打吹公園内の鎮霊神社境内で「招魂祭前夜祭」を企画した現時点プロジェクトが、今年も同会場にて企画を実施します。

昨年の「招魂祭前夜祭」はプロジェクションマッピング・ライブ・飲食ブースが境内で展開され、桜の名所である打吹公園のお花見とも重なったことから盛況のうちに終了しました。(昨年のレポートはこちら
今年は昨今の状況を鑑み、「一人ひとりの祈り」をテーマに、VJ PONZこと池口玄訓さんによるプロジェクションマッピングが行われます。

戦没者を慰霊する鎮霊神社が毎年開催している招魂祭(今年は4月15日に実施予定)のプレイベントとして始まった「招魂祭前夜祭」。今年は打吹公園の夜桜のライトアップや屋台はすでに中止となっていますが、平穏な時代への祈りという思いに立ち返って企画された映像プロジェクトです。


PRAY GROUND
日時|2020年4月11日(土)・12日(日) 両日18:00-21:00
※お好きな時間にご来場ください
 現時点プロジェクトのSNSにてご確認ください
場所|打吹公園内 鎮霊神社 境内
料金|入場無料
映像|池口玄訓 (a.k.a. VJ PONZ)
主催|現時点プロジェクト
genjiten2017@gmail.com
080-3890-0371(野口)

※境内での会話、大人数での来場、長時間の滞在はご遠慮ください。当日設置するアルコールでの消毒の他、各自感染症等の予防対策を行なった上でご来場ください。
※状況によって開催が中止となる場合があります。事前にSNS等でご確認いただくか、主催者までお問い合わせください。
※会場周辺は暗いため、懐中電灯など視界を照らせるものをお持ちください。


現時点プロジェクト
2017年1月にスタートした、日常の中にある小さな驚きや、忘れられていた大切なことを発見し、記録・公開するプロジェクト。いつもの暮らし・いつもの風景に価値を見い出し、消えてしまうその前に現時点に生きる私たちで残していきます。鳥取県中部を中心に活動中。
https://www.instagram.com/genjiten2017/
https://www.facebook.com/genjiten2017/

ライター
トット編集部

トット編集部

当ウェブマガジン編集部。鳥取の今をアートやカルチャーの視点から切り取ってお届けします。不定期に集まり、運営方針や記事内容の検討などをする編集会議を開いています。随時メンバー募集中!