鳥取県立美術館プレサイト制作事業パートナー募集
受付11月30日(月)まで

「未来を『つくる』美術館」をコンセプトに2024(令和6)年度の開館に向けて準備が進められている鳥取県立美術館。開館までを楽しむ企画や準備の様子を共有し、人々のコミュニケーションの場となるウェブサイトの制作を担う事業パートナーが公募されています。


鳥取県立美術館の整備運営には、民間のノウハウを公共施設の整備運営に活かすPFI手法が導入されています。県内企業を含む10社で構成された 「鳥取県立美術館パートナーズ株式会社」が県と共に整備運営を担い、開館準備を推進しています。このうち、館の運営を担う「アクティオ&丹青社共同事業体」内の広報業務を担当する株式会社丹青社(文化空間事業部)が今回の公募を主催し、事務局運営をしています。

この度、地域に根差し県民のアイディアで運営される「私たちの県民立美術館」を実現するにあたり、その一環として、鳥取県に縁のある方々にウェブサイト(プレサイト)制作を担う事業パートナーを、企業・団体・個人・学生問わず広く公募することになったとのこと。
広報の顔となるウェブサイトをゼロからつくり、新設の県立美術館の立ち上げに関われるチャンスです。ご興味ある方は資料請求のうえご応募を。


鳥取県立美術館プレサイト制作事業パートナー募集
https://tottori-moa.jp/

1.募集内容
鳥取県立美術館の開館準備期間に開設・運用する公式ウェブサイト(プレサイト)の制作事業パートナー

2.応募資格
本件への応募者は、次に掲げる要件(1)~(3)すべてに該当する方を対象としています。

(1)参加者が以下いずれかに該当する方
①鳥取県内に在住する個人またはグループ
②鳥取県内に事業所(本社・営業所等)を有する企業及び団体(学校含む)
③鳥取県に縁のある方(一定期間居住または滞在経験のある方、血縁者が在住・在勤など)
④「鳥取県立美術館事業に積極的に関わりたい」「鳥取県を盛り上げたい」という動機がある方
(2)参加者がコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)の構築を前提としたウェブサイト制作業務の契約履行実績を有していること。または再委託先・協力者が本業務遂行に資する実績を有している方
(3)12月18日(金)午後に開催する提案者プレゼンテーション(WEB実施)に参加できること。

3.選定までの流れ
以下に選定までの流れを示します。なお、詳細は以下「募集要項」をご確認ください。

(1)公募に関する詳細資料の申込み
本公募に関心のある方は募集要項を確認のうえ、詳細については「資料請求フォーム」よりお申込みください。
お申込みいただいた方に「鳥取県立美術館プレサイト制作事業パートナー募集(参考資料)および仕様書」を電子データにて提供いたします。
(2)質問書の受付
募集要項、仕様書に関する質問は、「質問書」(様式1/公募ウェブサイトよりダウンロード可)に記載の上、下記の通り提出してください。回答は公募ウェブサイトに掲載します。(令和2年11月20日(金)予定)
なお、本件に関する質問はこの質問書のみによるものとし、電話、口頭などでのお問い合わせや受付期間外の質問は受付けませんので、ご注意ください。
①受付期間 令和2年11月2(月)~13日(金)
②提出方法 ページ下部の「(8)各種提出・問合せ先」まで、電子メールにて提出してください。
件名を「鳥取県美プレサイト事業パートナー募集に関する質問」とし、質問書は添付ファイルとしてください。
(3)参加表明の提出
応募希望者は、令和2年11月20日(金)までに、エントリーフォームよりお申し込みください。
(4)企画提案書は以下の書類を1セットとし、PDF形式でデータ提出してください。
・企画提案書(A4判・5枚以内)※任意様式
・実績資料※形式自由
・応募者概要※形式自由
①受付期間 令和2年11月2(月)~30日(月)
②提出方法 ページ下部の「(8)各種提出・問合せ先」まで、電子メールにて提出してください。
件名を「鳥取県美プレサイト制作事業パートナー企画書」としてください。
※着信確認できた方には事務局より一両日中にメールにてご返信いたします。
(5)選定方法
①書類選考
③選定委員会委員により、全ての提案者の中からプレゼンテーション参加者を選出します。
②プレゼンテーション
提出された企画提案書に基づき、応募者によるプレゼンテーションをWEB会議システムにて実施します。
③選定委員会
株式会社丹青社が設置する、「鳥取県立美術館ウェブサイト(プレサイト)制作事業パートナー選定委員会」に諮り、選定します。

<選定基準>
①応募動機 ・本事業への応募動機
・鳥取県立美術館や鳥取県への想い・熱意
②表現力 ・開催趣旨や鳥取県立美術館の運営方針を理解し、その実現に向けたアイディア及びデザインか
・画面構成の考え方
③社会性 ・情報発信力を高める工夫や何度も閲覧したくなる提案(SNSツールの考え方等)
・実現性、持続可能性(運用の考え方)
④推進力 ・実績、技術力
・実施工程、体制の妥当性 など

<選定委員>
委員長 鳥取県立美術館パートナーズ株式会社 統括マネージャー 赤尾 靖枝
副委員長 鳥取県立美術館パートナーズ株式会社 運営業務責任者 辻 友宏
委員 株式会社丹青社 デザインセンター プリンシパルクリエイティブディレクター 田中 利岳
委員 株式会社丹青社 文化空間事業部 事業開発統括部 事業開発室二課 課長 高橋 宗宏
委員 株式会社槇総合計画事務所 副所長 長谷川 龍友
委員 鳥取県教育委員会美術館整備局 局長 加藤 礼二
委員 鳥取県教育委員会美術館整備局 次長兼博物館副館長 尾﨑 信一郎

<全体スケジュール>
11月2日(月)~13日(金) 質問書受付期間
11月20日(金)予定 質疑書への回答を公募ウェブサイトにて公開
応募エントリー締切
11月30日(月) 企画提案資料提出期限
12月18日(金)午後 提案者プレゼンテーション、選定委員会開催
12月下旬 選定結果通知・公表
(6)業務内容
本業務は、以下想定されるウェブサイト(プレサイト)新規開設に伴う業務全般とします。
①ウェブサイトを開設するにあたってのシステム構築
②ページ構成案を基にしたウェブサイトの企画、デザイン
③ウェブサイトのコンテンツ制作
④運用マニュアルの作成、鳥取県立美術館パートナーズ株式会社(以下、「委託者」とする。)関係者への当該システムの操作教育
(7)参考資料
鳥取県立美術館プレサイト制作事業パートナー募集(参考資料)および仕様書
※資料請求は「資料請求フォーム」よりお申込みください。
鳥取県立美術館基本計画(平成30年7月策定)
資料ページを開く
鳥取県立美術館整備運営事業の概要(事業概要、PFI事業者提案概要等)
資料ページを開く
(8)各種提出・問合せ先
〒108-8220
東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス19F
株式会社丹青社文化空間事業部 鳥取県立美術館担当
Mail: info@tottori-moa.jp
※現在新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため在宅勤務が中心となっております。
そのため、ご連絡はe-mailでいただきますようお願いいたします。

ライター
トット編集部

トット編集部

当ウェブマガジン編集部。鳥取の今をアートやカルチャーの視点から切り取ってお届けします。不定期に集まり、運営方針や記事内容の検討などをする編集会議を開いています。随時メンバー募集中!