ことばの再発明×18展
−鳥取で「つくる」18人による成果発表展−

鳥取で活動するアーティスト、クリエイター、デザイナー、パフォーマーなど広い意味での表現者=「つくる」人を対象とした連続講座『ことばの再発明』。この講座の受講生による成果発表展が2020年9月25日(金)-28日(月)に行われます。


鳥取大学地域学部佐々木研究室とコーディネーター蔵多優美の共同企画で開講する『ことばの再発明−鳥取で「つくる」人の ためのセルフマネジメント講座−』。(「地域を知り、地域で実践するアートマネジメント講座2020」内の実践活動編プログラムの1つです。)

「ただ作品を作るだけでなく、トークイベントやステイトメント、プレゼンや助成金申請など様々な場面で「言語化」が求められる現在の状況下で、表現と言葉はどのような関係を築くべきか」という問題意識のもと、受講者は講師との対話を通じて、これまでの作品や活動を顧み、検証し、言語化して、さらに自分を掘り下げたり、他者に伝えるための技術を磨いてきました。
当ウェブサイトtotto(トット)の関係者も多数参加するなど、鳥取で活躍する個性溢れる18名の「つくる」人が一堂に介する、またとない機会となりそうです。どうぞお見逃しなく!

出品作家一覧(五十音順)
井澤大介 / ISOIYO / 磯崎つばさ / exkeee / 奥井彩音 / 音泉寧々 / 神山かなえ / 品岡トトリ / Seizan / 田中京子 / 中村友紀 / ナカヤマサオリ / にゃろめけりー / 藤原京子 / 水田美世 / 村瀬謙介 / もりさと / yamasaki

※出品作家紹介や本展の詳細についてはWEBサイトからご確認ください。


ことばの再発明×18展−鳥取で「つくる」18人による成果発表展−

日程|2020年9月25日(金)-28日(月)
時間|10:00-18:00〈26(土)13:00まで/28(月)16:00まで〉
会場|Gallery そら(鳥取市栄町658-3 駅前サンロード)

主催|鳥取大学地域学部附属芸術文化センター 佐々木研究室
企画運営|佐々木友輔、蔵多優美、野口明生、藤田和俊
令和2年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業

新型コロナウイルス感染防止の観点から以下、ご協力ください。
・マスク着用でのご来場と手指消毒にご協力ください。
・発熱やせきなど体調に不良のある場合は、ご来場をお控えください。
・混雑する場合は、入場制限をさせていただく場合がございます。
予めご了承ください。

本展覧会に関するお問い合わせ先
メール artma-info@ml.rs.tottori-u.ac.jp(蔵多)
TEL 0857-31-5930(アートマネジメント講座事務局・蔵多)
※会期中のご連絡は「メール」にてお願いいたします。

ライター
トット編集部

トット編集部

当ウェブマガジン編集部。鳥取の今をアートやカルチャーの視点から切り取ってお届けします。不定期に集まり、運営方針や記事内容の検討などをする編集会議を開いています。随時メンバー募集中!