トットローグ vol.1
「対話のプラットフォームづくり」
2021年7月10日(土)13:00

トットのライターとして活動しているnashinokiと、「日常記憶地図」や「カード・ダイアローグ」など媒介的なコミュニケーションをテーマとするサトウアヤコが、ウェブマガジン『+〇++〇』と連携し、対話のためのプラットフォーム「トットローグ」をはじめます。初回は7月10日(土)13:00から、オンラインで開催します。


今回、以前から『+〇++〇(トット)』で「日常記憶地図」の企画にかかわっているサトウアヤコさんと協力し、鳥取で「対話のプラットフォーム」をつくる試みをはじめることにしました。

対話のプラットフォーム、聞き慣れない言葉ですが、それは一体どんなものなのでしょう。「人と人が対話をするために、誰もが使えるような場所」、それくらいの意味が、ひとまずこの言葉には込められています。鳥取でこのことをみんなと話したい、話した方がいいんじゃないか、そんなことがあったとき、鳥取のどこかにそれについて話ができる場があったらいいのではないか、そう思ったのです。

ただその形がどのようなものになればよいのか、企画者自身にもまだよくわかっていないところがあります。みんなと話ができるためには、どういう場所があればいいのか。どこにどれくらいの人が集まればいいのか、テーマはどのようにして、誰が決めるのか。集まった人同士がどうしたら互いに深い話を交わせるのか。企画者に限らず、いろいろな人がその場を自由に使えるようにするためには、どんな準備をしておけばいいのか。こういうことを考え出すと、対話の場といっても、いろいろと考えなければならないことがあるのだなと思えてきます。

トットローグでは、オンラインか対面かを問わず、この一年実際に対話の場を開きながら、それらを通して望ましい対話の場のあり方について考え、そこで発見したことを、プラットフォームの形に反映するという仕方で、望ましい対話のための仕組みをつくることを目指します。

初回となる7月10日は、前半はツイキャスで企画者であるnashinokiと、サトウアヤコ、トット編集長の水田美世によるトットローグの説明とその内容にかかわる対話を行い、後半はzoomを利用し、参加者にも対話に加わっていただきます。ツイキャス配信中には視聴者からのコメントを募集し、前半の配信や後半の対話の中で、それについても取り上げたいと思います。ぜひ多くの方の参加をお待ちしています。


トットローグ vol.1 「対話のプラットフォームづくり」

日時
2021年7 月10日(土)13:00より3時間程度

当日の流れ
13:00-13:30 挨拶やプロジェクト紹介など
13:30-14:30 [前半] ツイキャスで3人+参加者コメントでの対話
14:30-14:50 休憩
14:50-16:00頃 [後半] zoomでの対話

会場及び参加方法
【前半】ツイキャス  https://twitcasting.tv/mogubook
ツイキャスというtwitter上の音声配信の仕組みを使用します。開始5分前までに上記アドレスからご入場ください。アプリのインストールなどは不要ですが、コメントを書いていただく際には、twitterかfacebookのアカウントが必要になります。コメントはできるだけ都度拾って話を進めていく予定ですので、積極的なコメントをお願いします。
【後半】ZOOM
オンライン会議システムZOOMを利用します。URLはツイキャスの配信中に、ツイキャス配信ページのコメント欄でお知らせします。カメラオフ、音声オフのまま聞いていただく参加も可能です。

準備するもの 
・A4コピー用紙やらくがき帳など少し大きめの紙
・太めのマジックペン
※いずれも後半のzoom利用時に使います。

ご寄付のお願い
当イベントは参加無料ですが、寄付というかたちで応援いただけたら幸いです。詳細は以下のページをご参照ください。
https://totto-ri.net/donation/



今回話す人

nashinoki(ライター)
プロフィールは、ページ下部を参照。

サトウアヤコ
大阪生まれ。建築・情報工学を学び、対話やリサーチを主としたコンセプトデザインなどを行う。2010 年から「mogu book」、「カード・ダイアローグ」、「本棚旅行」、「マイクロ・ストーリー」など複数のプロジェクトを継続しながら、言語化のプロセスや媒介的なコミュニケーションについて探求している。東京都現代美術館 MOTサテライト2019「ひろがる地図」(2019)、鳥取藝住実行委員会 連続講座「サトウアヤコ「日常記憶地図」子どもの頃の場所と風景を思い出す」(2019)、長野県立美術館「美術館のある街・記憶・風景 「日常記憶地図」で見る50年」(2021)

水田美世(トット編集長/ちいさいおうち管理人)
千葉県我孫子市生まれ、鳥取県米子市育ち。東京の出版社勤務を経て2008年から8年間川口市立アートギャラリー・アトリア(埼玉県)の学芸員として勤務。主な担当企画展は〈建畠覚造展〉(2012年)、〈フィールド・リフレクション〉(2014年)など。在職中は、聞こえない人と聞こえる人、見えない人と見える人との作品鑑賞にも力を入れた。出産を機に家族を伴い帰郷。2016年夏から、子どもや子どもに目を向ける人たちのためのスペース「ちいさいおうち」を自宅となりに開く。2017年4月より、鳥取県内の美術や文化を扱うウェブマガジン『+〇++〇』を友人たちと運営。

ライター

nashinoki

1983年、鳥取市河原町出身。鳥取、京都、水俣といった複数の土地を行き来しながら、他者や風景とのかかわりの中で、時にその表面の奥にのぞく哲学的なモチーフに惹かれ、言葉にすることで考えている。