上映会「映画愛の現在」
第Ⅱ部/旅の道づれ、第Ⅲ部/星を蒐める

映像作家、佐々木友輔さん監督の「映画愛の現在」。3月に鳥取市にて上映された第I部/壁の向こうでに続く、第Ⅱ部/旅の道づれ、第Ⅲ部/星を蒐めるがそれぞれ11月7日に倉吉、28日に米子で上映されます。


第Ⅱ部では舞台は鳥取県中部へ。佐々木さんは、自主映画や枠組みにとらわれず地域に根差した作品を模索する自主映画やドキュメンタリーの作り手たちに出会う。写真は倉吉出身の映画作家、波多野州平。

鳥取大学地域学部の講師でもある映像作家の佐々木友輔さんが監督をつとめる「映画愛の現在」。
佐々木さんは東京を離れ、映画館が3館しかない鳥取にやってきて「映画はどこにあるのか」、「どこに映画を見に行くのか」という問いを立てました。スクリーンを求めて街へ出た佐々木さんが出会った、それぞれの映画愛とは。

第Ⅲ部では、鳥取県西部で活動する個人や団体が登場する。写真は大山アニメーションプロジェクトをはじめとする様々なアートプロジェクトを主催する大下志穂。

”第I部/壁の向こうで”に続く、”第Ⅱ部/旅の道づれ”、”第Ⅲ部/星を蒐める”では、県中部、西部に舞台は移り、自主活動を行う人たち、自ら作品を作る人たちに出会いながら、鳥取独自の映画文化を見つめ、映画文化の縮図を描いています。
佐々木さんの自分自身の問いに対する答え、未来の映画愛のかたちがどのように描かれているのか、ぜひお見逃しなく。


「映画愛の現在」上映会

第Ⅱ部/旅の道づれ
日程
|2020年11月7日(土)
時間|15:30-17:30 *監督のアフタートークあり
会場|ホテルセントパレス倉吉(鳥取県倉吉市上井町1-9-2)
料金|無料、予約制(当日受付有)

第Ⅲ部/星を蒐める
日程
|2020年11月28日(土)
時間|14:30-17:00 *監督のアフタートークあり
会場|ガイナックスシアターホール Ann(米子市末広町311イオン米子駅前店3階)
料金|無料、予約制(当日受付有)

予約・問い合わせsasakiyusuke@tottori-u.ac.jp

主催|鳥取大学地域学部附属芸術文化センター 佐々木研究室
令和2年度 鳥取県文化芸術活動支援補助金助成事業
令和2年度 鳥取大学地域学部長経費事業


佐々木友輔 / Usuke Sasaki
1985年兵庫県生まれ。映像作家、企画者。主な長編映画に2010年『新景カサネガフチ』、2013年『土瀝青 asphalt』、2016年『TRAILer』、2019年『コールヒストリー』、グループ展に2015年「第7回恵比寿映像祭」、2016年「記述の技術 Art of Description」(ARTZONE)、著作に2015年「三脚とは何だったのか──映画・映像入門書の20世紀」(『ビジュアル・コミュニケーション──動画時代の文化批評』所収、南雲堂)、2018年「房総ユートピアの諸相──〈半島〉と〈郊外〉のあいだで」(『半島論──文学とアートによる叛乱の地勢学』所収、響文社)などがある。

ライター
トット編集部

トット編集部

当ウェブマガジン編集部。鳥取の今をアートやカルチャーの視点から切り取ってお届けします。不定期に集まり、運営方針や記事内容の検討などをする編集会議を開いています。随時メンバー募集中!