写真展「小鳥の家族 メモリアル since2013」
2018年12月21日(金)-26日(水)開催

鳥取の豊かな自然を背景に、さまざまな家族の姿を捉えていく写真プロジェクト「小鳥の家族」。鳥取県八頭町出身で横浜市在住の写真家、水本俊也さんが撮影を担当し、2013年から毎年撮りためてきた作品を一堂に発表する写真展が鳥取市にて開催されます。


2013年から現在まで、鳥取市鹿野町、鳥取砂丘(鳥取市福部町)、鳥取市佐治町、智頭町、湖山池(鳥取市良田)など、県内の自然豊かな場所で撮影を実施してきた「小鳥の家族」。県内だけでなく県外からも参加者は多く、毎年の家族行事として繰り返し参加する方も増えているとか。プロジェクトに参加した家族は延べ400組超。それぞれ撮影した写真から、今回は375枚をポストカードサイズにプリントし展示します。年を経て記録されていく家族の姿も本展の楽しみになっています。

会期中の土日にはスライドトークが予定されており、写真家の水本さんは終日在廊。また、会場近くの「とりぎん文化会館梨花ホール」や「ギャラリー鳥たちのいえ」でも関連した展示やイベントが実施されます。ぜひお立ち寄りください。


写真展「小鳥の家族 メモリアル since2013」
会期:2018年12月21日(金)-26日(水)9時30分-17時30分(最終日は14時まで)
会場:中電ふれあいホール 3F(鳥取県鳥取市片原1丁目201)
入場無料
*展示家族写真はポストカードサイズ(非和紙、375点)となります。手漉き和紙作品(10点)も展示します。
*12月22日(土)、23日(日)11時/14時、各30分のスライドトークあり 会場:中電ふれあいホール(2F)

関連展示
12月21日(金)-26日(水) 中電ふれあいホール 3F 「写真×因州和紙の可能性」

12月20日(木)-24日(月) とりぎん文化会館梨花ホール ロビー「小鳥の家族×因州手漉き和紙」

12月20日(木)-25日(火) ギャラリー鳥たちのいえ 2F「写真×因州手漉き和紙の世界」10時―18時 入場無料
*座談会(AIR2018)テーマ:「写真×因州和紙の可能性」12月21日(金)18-19時、12月24日(月)14-15時、12月25日(火)18-19時 [参加無料、入退自由]
*和紙作品保護、座談会(フリートーク)形式のため、原則大人の方のみのご参加にてお願いします。

水本俊也
http://waterbook.net/

小鳥の家族
http://kotorinokazoku.tottori.jp

ライター
トット編集部

トット編集部

当ウェブマガジン編集部。鳥取の今をアートやカルチャーの視点から切り取ってお届けします。不定期に集まり、運営方針や記事内容の検討などをする編集会議を開いています。随時メンバー募集中!